スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年05月28日

M327ミチュレックSP





このM327ですが、かのJ・ミチュレックが2009年からUSスチールチャレンジで使っていたのをイメージして組んでみました。



シルバーのエイムポイントとミチュレック・グリップ(実際はホーグのラバーを着けて撃ってたんで、そっちでもイイんですけどね)を組み合わせれば、近い感じにはなりますが、他にもどこがノーマルと違うのか分かりますか?

327ユーザーなら画像を見て分かりますよね。
そう、ノンフルートのシリンダーですね。

これでバレルのマグナポート加工とフレーム直付けのマウントベースが有れば、かなり再現率が高いんですけどね・・・。

さてフルート無しのつるつるのシリンダーはタナカではM29のPCカスタム系だけで、M327には有りません。
当然、社外品です。しかも実はこれジュラコン削り出しの超軽量シリンダーなんですw。



オートマチックのレースガンでは可動するスライドの軽量化は連射スピードやリコイル軽減などでも、オーソドックスなメニューですが、同じく可動するリボルバーのシリンダーの軽量化もトリガータッチが軽くなったり、シリンダーの慣性重量に因るブレの軽減などの効果が有ります。

とは言っても単純に軽くすれば良いと言う訳でも無く、オートと違って複数のブレットチャンバーを持つリボルバーは6連なら6ヶ所全てがバレルと重なった時に同じ位置にならなければ、集弾性が悪くなります。
その為、とても高度な加工技術とリホルバーへの知識が要求されます。

今回、327POSシリンダーの製作に当たっても、単純に形状をコピーしたと言う訳では無く、各所に工夫を凝らしてハイレベルなシューティングに対応するべく改良されています。

テスト段階でも、実際に多くのシューターにノーマルシリンダーと撃ち比べて頂きましたが、格段に撃ち易く扱い易くなっていると驚いていました。

ここまで書くと、イイ事づくめのようですが、実は欠点も幾つか有ります。
その最たるモノはコストパフォーマンスでしょうか・・・(定価は18,000円ですw)。

このシリンダーを着ければ、たとえ箱出しでも飛躍的に集弾性が上がると勘違いしそうですが、そうでは有りませんよ、確かに鋳物のノーマルよりはアップしますが、僅かだと思います。

組み付け前の集弾性に若干プラスされる程度なので、こと集弾性だけに関して言えば価格に合わないかも知れませんね。

他にも樹脂ゆえのガスタンクへの熱伝導の悪さによるガスの気化のしづらさも有ります。
これはラチェットプレートに多数の穴を空けて、ガスタンクの露出を増やす事で対応しましたが・・・。



まぁこんな欠点も関係無いと思える程に、軽量化と操作性がアップしているのが製作した理由なんですがね。
あっ後、ノンフルートになってビジュアルアップも有りますね。

とは言え、こんなコアなパーツ、作っても売れるのかと思うでしょうね。
まぁ今回に限っては自分が欲しかったからなんで、余ってもOKと思ってたんですが・・・、なんかテスト品を試し撃ちした人から予約がいくつか有って、ほとんど余らなさそうです。

これを見て、欲しいと思った人も予約してもらって、数が揃うまでは待ってもらう事になりそうです。
と言う訳で、現状ではカタログページにラインナップはしないので、欲しい人はお問い合わせ下さい。

-------------- Web-Shop G.W.A ----------------
HP: http://gwa2002.net
  


Posted by Web Shop G.W.A  at 18:21Comments(0)カスタムガン

2013年05月04日

極限に挑戦せよ!! 私的カスタム記 パート4-5




今回は加工したパーツと加工箇所の説明をします。

まずシャーシですが、前述の通りデトニクス系のスライドを着ける為、スライドレールを少しづつ削ってマッチングしました。


加えてノーマルではグリップスクリューにピッチの粗いタッピングネジが使われていたので、タップでマルイ純正と同じ4mmに切り直しました(ピッチが細かくなったのでグリップスクリューの締め過ぎには要注意です)。

つづいてスライド・アッセンブリーですが、アウターバレルは内部スプリングは外して、ロッキングの溝を削ってます。


これは軽量化と言うより、疑似ショートリコイルをオミットして作動性の向上を狙ったモノです(ホントはスライド側も削らないと完全にオミット出来ないんですけどね)。

この辺りは、前作のデトニクスベースのを使ってますので、詳しくは私的カスタム記 パート3を見て下さい。
リコイルSPガイドプラグも4.3用のAIPのアルミ製のを使う為、ABSパイプを被せてスキマを調整しています。


最後にスライドストップですが、前々からハイキャパの軽量化に良いとしてショップのラインナップに加えていた、Element社のロングワイド・スライドストップ(シルバー)を加工しています。


そのままでも充分軽量なのですが、ワイドタイプはコンパクトなボディーには似合わないので、指が掛けられる最低限まで削りました(1.5gほど軽くなりました)。
セレーションはお手軽ですが、チェッカリングツールで削っただけです。

もっとも、4.3用のリコイルSPガイドプラグを使ってる時点でスライドがショーストローク化されてますから、スライドストップは機能しません、単に左親指の置きドコロとしてしか意味無いです。

加工箇所はこんなトコですが、シャーシ以外は手を入れなくても、ノーマルのままでも機能的には問題無く、重さも極端に変わりませんので、作ってみたくなった人は自分の加工スキルと相談して判断ください。

取り敢えずは、これで私的カスタム記 パート4も終了です。

短い間でしたが、御付き合い頂き、ありがとうございました。
また何か、面白そうなパーツとか出ましたら、パート5も遣るかも知れませんので、その時はまた宜しく。

  


Posted by Web Shop G.W.A  at 14:00Comments(0)カスタムガン

2013年04月25日

極限に挑戦せよ!! 私的カスタム記 パート4-5




前回のスライドに続いてフレームです。

シャーシは前前回にも書きましたが、WE社の樹脂シャーシ・タイプB(近日販売予定)で、グリップは同じくWE社のハイキャパ3.8 Bバージョン(入荷未定)のモノです。

樹脂シャーシ・タイプB(近日販売予定)


3.8 Bバージョン(入荷未定)


これにAIP社のグリップスクリュー(レッド)とマガジンキャッチ・セット(レッド)にCreation社ライトウエイトGセフティー5.1(シルバー)を使ってます。
この辺りは他社製で同じようなのが有りますから、好みで変えられますね。



グリップスクリュー(レッド)
 商品コード SP00009  特別価格 ¥700


マガジンキャッチ・セット(レッド)
 商品コード TM51198 GWA価格 ¥3220


ライトウエイトGセフティー5.1(シルバー)
 商品コード TM51162 GWA価格 ¥5880

それと形状が変わってますので、判りづらいですがElement社のロングワイド・スライドストップ(シルバー)も加工して使ってます(こちらも後述します)。


ロングワイド・スライドストップ(シルバー)
 商品コード TM51203 GWA価格 ¥2060

最後にマガジンは勿論、Black Talon社のスーパーライトウェイトマガジンです。
これ無くしては、始まらないですね。


スーパーライトウェイトマガジン
 商品コード TM51229 GWA価格 ¥5280

パーツ構成はこんな感じです。
グリップの入手が現行難しい以外は、当店で殆ど入手可能なパーツ※で構成していますので、同じ物を作るのは可能ですよ。
※ベースのハイキャパ本体&ストライクウォーリァのスライドは扱ってません。

しかしベースはマルイ・ハイキャパ4.3なのですが、スライドがストライクウォーリアで、シャーシとグリップも変えたら、面影が全然無いですね。
サムセフティーもデトニクスのだし・・・。
でもハンマーとトリガーがノーマルなので辛うじてですね。

次回は加工したパーツと加工箇所の説明をします。
つづく
  


Posted by Web Shop G.W.A  at 18:34Comments(0)カスタムガン

2013年04月21日

極限に挑戦せよ!! 私的カスタム記 パート4-4



今回からアッセンブリーごとに使ったパーツについてです。

まずはスライドです。


見ての通り、マルイのストライクウォーリァーのです。
デトニクスでもOKですが、リアサイトはこっちのほうが、見栄えは良いしサイティングも幾分しやすいです。


これにフリーダムアートの軽量樹脂ブリーチを組んでます。


軽量樹脂ブリーチDT
 商品コード TM45063 GWA価格 ¥4700

それにAIP社のアルミニウム・ホップアップ・ベースとアルミニウム・リコイルプラグ4.3(シルバー)の旧型にファイヤフライ社の新ベアリング付リコイルスプリングガイド43も使ってます。


アルミニウム・ホップアップ・ベース
 商品コード TM51186 定価¥8610 → GWA価格 ¥6450


アルミニウム・リコイルプラグ4.3(シルバー) 
 商品コード TM51207  定価¥1452 → GWA価格 ¥1080
※旧型は廃版になりました、画像は現行品です。


新ベアリング付リコイルスプリングガイド43
 商品コード TM51161 定価¥3980 → GWA価格 ¥2980

アウターバレルはノーマルで、リコイルスプリングガイド共に少し手を加えてます(後述します)。

次回はフレームです。
つづく
  


Posted by Web Shop G.W.A  at 14:37Comments(0)カスタムガン

2013年04月19日

極限に挑戦せよ!! 私的カスタム記 パート4-3

引き続き、今回はシャーシについてです。



画像からは判りづらいですが、実はこのシャーシはWE社の樹脂シャーシなのです。
元は、国内向けのWE製のハイキャパ本体に付いているのと同じモノなので、知っている人も多いと思います。



この樹脂シャーシはパーツ単体では入手や使いどころが難しい事も有って、あまり注目されませんでした。

しかしこの程、シャーシ単品の入手が可能になり、昨今の軽量化パーツの発売ラッシュと相まって需要も有るのではと判断しまして、取り扱いを検討する上でのテストも兼ねてと言う訳なのです。
なにしろ樹脂製なので、単体で26gと驚異的な軽さです、耐久性を犠牲にしても使いたくなりますよねw。

組み込みにあたっては、取り敢えずスライドレール※以外は殆ど素組みでしたが、やはりWE製と言う事も有り、互換性は高いのですが、所々に手を入れる必要は有りそうでした。
※デトニクスやシングルGM系のスライドと組み合わせる場合はマッチング加工が必須です。

本来は亜鉛製のシャーシなのに、そのまま樹脂(ABS)に置き換えてますので、ハンマーピンやグリップスクリューのネジ穴部分も樹脂のままだったりで、強度的に不安な部分も有ります。



当然ながら、シャーシにネジを切ってダットサイト用のマウントベースを着けるなんてのも無理が有りますね。

特にハンマーピンはサイドプレートを取り付ける際にネジを締め過ぎるとピンが膨らんで、ハンマーの動きに影響が出ました。

この辺はフリーダムアートのレイルドシャーシ・シリーズのようにハンマーピンを別パーツにする事で解決出来ますので、検討中です。

作動については、シャーシとは関係無い部分でのトラブルは有りましたが、調整後は順調でした(中の細かいパーツはマルイ純正のを使ってます)。

例によって、ぶらしゅーATPF定例会に持ち込んで、シューター仲間に試してもらいましたが、絶賛でした(欲しい欲しいオーラが漂ってましたw)。

シャーシについては、こんな感じです。
次はアッセンブリーごとに使ったパーツについてです。
つづく
  » 続きを読む


Posted by Web Shop G.W.A  at 14:00Comments(0)カスタムガン

2013年04月12日

極限に挑戦せよ!! 私的カスタム記 パート4-2

ふふふ、驚いたでしょうw

コンセプトは市販パーツの組み合わせでの極限の軽量化です。
部分的に手を入れてるのも有りますが、なるべく加工箇所は少なくしていると思います。

以前もマルイ・デトニクスベースで似たようなのを造りましたが、マガジンを含めて500gを切るのが精一杯でした。


何故デトニクスベースだったかと言うとですね、軽量化へのネックがマガジンなのは昔から変わりません。
当時、既にハイキャパ用のアルミマガジンは発売されてましたが、それでもデトニクスのマガジンのほうが軽かったので、デトニクスベースとなった訳です。

今回はハイキャパの樹脂マガジンが有っての事ですが、勿論それだけで出せる数字では有りません。
発売から9年経過しても新しいパーツが発売されるマルイ・ハイキャパですから、今まで発売されたカスタムパーツの数はハンパ無いですよね。

チョイスしたパーツをざっと並べると、マガジン/グリップ・セフティー/マグキャッチ/グリップ・スクリュー/チャンバー・カバー/リコイルSPガイド&プラグ/ブリーチ/スライド・ストップ/シャーシと、結構な数になります(さすがに全部を新品で使うと大変な金額なりますので、使い回しのパーツも結構有ります)。










中でも軽量化に大きく貢献しているのが、マガジン/グリップ・セフティー/ブリーチ/シャーシと言ったところですが、その中でも今回特筆したいのがシャーシです。

つづく  


Posted by Web Shop G.W.A  at 16:26Comments(0)カスタムガン

2013年04月11日

極限に挑戦せよ!! 私的カスタム記 パート4-1

またまた久しぶりの私的カスタム記です。
と言ってもミリブロの方に書くのは初めてですね。
パート1から3までは半閉鎖状態の個人ブログに載ってます。


取り敢えず、まずは1枚。

パッと見はコンパクトサイズのハイキャパにストライクウォーリアのスライドを組んだだけで、あんまり面白味が無いなぁと思われるでしょうね。

しかぁ~し次の画像を見れば、びっくりする事請け合い。







マガジンを含めた状態で、この重さ・・・。
5.1のノーマルマガジンより軽いのは、どういう事と思うでしょう。

つづく
  


Posted by Web Shop G.W.A  at 14:37Comments(1)カスタムガン

2013年02月05日

M&P9用 プラスチック・スライド刻印バージョン2


前回、私物の刻印入りスライドを載せたところ、刻印依頼が多数有ったのでタニオコバさんに刻印を御願いしました。

先日届きましたので、サンプル画像を載せてみました。

前回のはホワイトを入れた画像なので分りづらいですが、M&Pのロゴの線が細めでした。
今回受注した分は少し太くして依りリアルにしました。


他は同じですが、




受注分の殆どは予め御注文頂いている方の分ですが、若干数が余りますので、欲しい方はGWAにて御注文ください。
価格は2500円増しの13,000円となります。
御注文の際、「その他の希望」欄に「刻印入り」と書き込み下さい。

ホントに数が少ないので、すぐに無くなる可能性が有りますし、刻印無しのも在庫が少なくなってますから、再度刻印の受注は出来無いかも知れません。

スライド自体の再生産もしないようなので、このチャンスをお見逃し無く。

-------------- Web-Shop G.W.A ----------------
☆ハンドガンから電動ガンまで各種カスタムパーツが格安☆
HP: http://gwa2002.net
  


Posted by Web Shop G.W.A  at 14:00Comments(0)カスタムガン

2013年01月27日

M&P9用 プラスチック・スライド刻印バージョン?



いえいえ、残念ながら、これは私物です(発売するかは検討の段階です)。

これはウチの取引先の、タニオコバさんで刻印して貰ったのです。


私もですが、そのままではマッチにも使えず、所持にも問題有りそうなWE-Tech M&P9に樹脂製スライドが発売して、当初は刻印なんて無くても嬉しかったものの、やはり時間が経つと物足りなさを感じてしまう人が多いようです。

新年の挨拶がてら発売間近のM&P9用プラスチック・スライド(を組んだの)をタニオコバさんへ見せに行ったところ、社長にお買い上げ頂く事になり、スライドについて話してる内に、やっぱり刻印も有ったほうがイイから、レーザー刻印機で入れてみると言うので便乗させて貰いました、新年早々ラッキーでした。


通常、レーザー刻印機ですと金属では表面を剥がして、地肌を見せるだけのプリントみたいな感じになりますが、プラスチックなら打刻するみたいに深彫りが出来るのです。

と言ってもネットやカタログでパターンサンプルを集め、書体や位置や大きさなどのチェックをして、更に文字の太さやレーザーの照射の強弱を同じ材質のサンプルで試し彫りしてチェック、これを繰り返すのですから、かなりの時間と手間が掛かります(私も画像集めや試し彫り用部材の提供等の協力はしましたが、ほとんどタニオコバさんのスタッフにオンブに抱っこです)。

その上、M&P9の樹脂製スライドは材質的には柔らかめで溶けやすく、余計に調整が難しかったみたいです・・・。

そんな苦労の上、先日出来上がったのコレです。


更に一工夫してM&PとS&Wのロゴは水性絵具でホワイトを入れてみました。
なかなか良い感じでしょう。


一応、有料での見積もりも御願いはしていますが、ファーストロットで生産終了になる恐れが有る上に在庫も少なくなって来ましたから、金額的に難しいかも知れません。
当面は、お買い上げ頂く際に御希望が有れば相談にのるカタチになりますが、興味の有る方はGWAの方にお問い合わせ下さい。

後、個人からの刻印依頼は受けられないそうなので、タニオコバさんに直に問い合わせなどはしないようにお願いします。

==========================================================================

好評発売中です。


●M&P9用 プラスチック・スライド(ブラック)
商品コード WE09001 GWA価格 ¥10,500
※ファーストロットで生産終了する恐れが有りますので、お早めに御注文下さい。


●リコイルコントロール・サムレストMP 
商品コード WE09002 GWA価格 ¥3600




-------------- Web-Shop G.W.A ----------------
☆ハンドガンから電動ガンまで各種カスタムパーツが格安☆
HP: http://gwa2002.net

  


Posted by Web Shop G.W.A  at 14:00Comments(0)カスタムガン

2013年01月24日

M&P9用 プラスチック・アウターバレル?



WE-Tech M&P9用の樹脂製スライドが発売され、所持にも、シューティングマッチの使用にも安心出来たと思います。

とは言え、マッチに使うとなると、亜鉛?の純正アウターバレルでは作動が今一つ重い感じがしますよね。

なので、作例としてマルイのG17のアウターをベースに作ってみました。


もちろん、そのまま使える訳では有りませんが、サイズが結構近いので削ったり、盛ったりしてカタチにしました。



加工手順としては、まずアウターのチャンバー部下部のヒレみたいな部分をM&Pのを参考に削ります。


次にプラリペアの"型取りくん"でM&Pのアウターのチャンバー部内側の型を採ります。

そしてG17の内側(主に上側面のアングル)にプラリペアを盛って、造った型を突っ込んで形を合わせます(ズレないようにテープ等で巻いて半日くらい置きます)。

乾いてからバリとかを取って問題無ければ、インナーバレルのアッセンブリーごとフレームに組んでみて動きをチェックしてみましょう。

動きに問題無ければ、次はアウター側面の加工です。


G17のアウターのチャンバー部の幅はM&Pのより、コンマ数ミリ太いので両側面を少しヤスリ等で削って合わせましょう(交互に削って、スライドに填めてチェックしながらです)。

アウター側面がすんだら、次は上面の加工です


ほとんど真っ平らのG17のアウター上面を台形に削って行く訳です、ココが一番面倒な箇所ですが削り過ぎないように少しづつ合わせて行って下さい(マズル側に向けても傾斜が有りますので、ここも忘れないようにしましょう)。

次はアウターのバレル部の加工です。
G17のほうが7ミリほど長いので、根元から1.5から2センチくらいのトコでカットして、カットしたバレルを更に6ミリくらいカットします、カット面を整えて繋ぎ直します(外径12ミリの真鍮パイプで繋ぐのが、比較的簡単です)。

私はホームセンターで買った外径12ミリのABSパイプを使いましたが、これは内径が8ミリ有りますので、内径を拡げる加工をしました(真鍮パイプは内径が11ミリのならカットしてバリ採りくらいで済むので簡単です)。

後は作動には関係無いですがインジケーターの穴を明けたり、削り面を耐水ペーパーで整えたり、塗装したりと仕上げすればおしまいです。

かなり大雑把な説明ですが、元々初心者には難しい加工なので、中級者以上の参考用としました。
あくまで作例です、加工は自己責任で御願いします。



好評発売中です。

●M&P9用 プラスチック・スライド(ブラック)
商品コード WE09001 GWA価格 ¥10,500
※ファーストロットで生産終了する恐れが有りますので、お早めに御注文下さい。


●リコイルコントロール・サムレストMP 
商品コード WE09002 GWA価格 ¥3600




-------------- Web-Shop G.W.A ----------------
☆ハンドガンから電動ガンまで各種カスタムパーツが格安☆
HP: http://gwa2002.net

  


Posted by Web Shop G.W.A  at 20:30Comments(0)カスタムガン